ブランドコンセプト





武将の数少ない文献を検証し、史実を基に
縁の食材とヒストリーで創る“完全オリジナル”煎餅。
蘇る戦国武将の美味“風味絶佳”。
日本の花「桜」の葉が香ります。


ご当地ならではの食材と、ご当地を代表するキャラクター
「戦国武将」のヒストリーをクロスオーバー。新しいアイデアとエッセンスで、
日本の“ここにしかない”を展開しています。

<誕生の背景>
 地域を代表し、時代を越えて愛される戦国武将。昨今の着ぐるみキャラクター等の一過性では無い「土着型」のキャラクターとして、観光客の方にも深く浸透しています。そこで日本人はもとより、歴史ファンや外国の方がそれぞれに好む戦国武将のベストテンなどを調査し、武将と食材の史実に基づく「ヒストリー」を検証しました。
 また食材はそれぞれの武将にとっても縁起物であることにこだわり、「縁起の良いのお土産」としてもお薦めできますよう努めております。
 さらに、日本人や外国人が感じる日本文化を背景に、伝統画法の「浮世絵」と日本の「桜」をテーマに[出世城]は誕生しました。

「出世城しゅっせじょう」とは
家康公はじめ、歴代の大名が出世の礎となった城
◎浜松市の浜松城は、徳川家康公が29〜45歳の間を過ごしたお城です。こちらで過ごした時間を経て、徳川幕府を開きました。浜松城に在城する大名はその後も次々と大出世。現代でも、出世するには浜松へ赴任した方が良い、などという逸話も語られる程、縁起の良いパワースポットとなっております。